えびす講って何?商売人なら知っておきたいご利益も【神社×えびす神】

神社・神道用語解説
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

えびす講というと聞き馴染みがない人も、「二十日えびす」や「十日戎」なら見かけたり、どこかで耳にしたこともあるでしょう。

 

 

竹笹や熊手に、大判小判ををはじめとする縁起物の飾りが付された縁起物もよく見かけます。

 

 

今回は商売を営む人(フリーランスも含む)ならぜひ知っておきたい、えびす講について解説します。

 

 

えびす講とは

photoACより

えびす講とはえびす神を祀る行事です。

 

 

えびす神は商売繁盛や五穀豊穣の神であり、商売繁盛を願って全国で行われます。

 

 

えびす講が行われる日は地域によって異なり、関東では10月20日に行われることがいため「二十日えびす」と呼ばれます。

 

 

また関西では1月10日に行われるため、「十日戎」という呼称です。

 

 

 

 

恵比寿信仰は室町時代頃から広まった

西宮神社より

恵比寿信仰は室町時代に栄え、時代が下った安土桃山時代には、多くの家で恵比寿神を祀っていたと記録されています。

 

 

江戸時代には幕府によって恵比寿神社の総本山である西宮神社(兵庫県西宮市)の御神影札が製造として全国に祀られ、更なる恵比寿信仰の拡大を見せたとされています。

 

 

 

えびす講は地域によって祀り方も様々

商売繁盛を願うえびす講では、地域ごとの産業に合わせた祀り方の特色があることも特徴です。

 

 

例えば農業を営む地域では、前夜祭が行われる地域もあります。

この前夜祭は宵えびすと呼ばれ、お頭付きの魚や汁物をお供えするケースも見受けます。

  

 

関西では、誓門払いと呼ばれる参拝を行う地域もあります。

誓門払いには利益を得たことに対する罪滅ぼしの意味が含まれており、この利益を還元するために大売り出しをするという習慣もいう説が有力です。

 

 

 

えびす講の縁起物

photoACより

えびす講では竹笹や熊手に大判小判やえびす神のモチーフ飾った縁起物を手に入れることができます。

 

 

この縁起物は、吉兆とも呼ばれます。

 

 

吉兆とはめでたい事が起こる前触れの意味があり、 これを飾ることで身の回りい福を招くことができると考えられていました。

 

 

縁起物である吉兆は、1年に1回交換するのが良いと言われており、次の年には古い吉兆を奉納し、新しい吉兆を求めるのが理想とされています。

 

 

 

 

 

 

神無月にも留守番をする恵比寿神

photoACより

関東では10月にえびす講が行われます。

 

 

しかし旧暦の10月であれば、八百萬の神々は出雲に出向いて不在にしているはず。

 

 

にもかかわらず、神無月にえびす講を行えるのはなぜでしょうか。

 

 

【暦×呼び名】日本独自の月の異名|由来と意味
和風明月は睦月、如月といった旧暦の異名です。現在の暦とは1ヶ月程度ズレているものの、一つ一つに意味があり、その由来をたどると古来の日本人の暮らしが見えます。例えば睦月は、仲睦まじく集う意味があり、正月の様子を的確に表しています。

 

 

恵比寿神は神無月で他の神々が出雲へ出向いても、地元に残り留守番をする神だと言われています。 

 

 

他の神々が不在にしている間、神々不在の家を代わりに守るのがえびす神です。

 

 

神々不在の間の大役を務めるえびす神への感謝の念を示すため。 

また旧暦10月頃は農作物の収穫期にもあたることから、五穀豊穣。

さらに年末を控えて商人が商売繁盛を願ったともされています。 

 

 

他の神々と足並みを揃えることなく、しかも他の神々の代わりに人々を守る責務を負う。

 

 

恵比寿神の役割はかなりの重責であろうと推測されます。

 

 

しかしそれも含め、あのおおらかな笑顔で受け止めるあたりが、日本の神の美しさに思えてなりません。

 

 

 

まとめ

古くから日本人の暮らしに寄り添い、 神々不在の神無月においても留守を守って商売繁盛五穀豊穣をもたらす神である恵比寿神。

 

 

自ら商売をする人はもとより、平穏で豊かな暮らしを望むすべての人々に福をもたらしてくれるのではないでしょうか。 

コメント

タイトルとURLをコピーしました